【株式投資】初心者に銘柄の選び方を簡単解説!貸借対照表とは?




こんにちは!ゆうきです!
 
 
 
株式投資を始める理由は
儲けたい、資産を増やしたいからですよね。
この記事を開いたあなたは
そう思っているはずです。
 
 
 
しかし実際初めてみたものの
銘柄が多すぎてどれを買えばいいか分からない…
優良企業かどうか判断できない…
と悩んでいると思います。
 
 
 
そこで今回
株式投資の基礎知識を学びましょう。
何事も基本が大切です。資初心者のあなたは
まずはここからスタートです。
 
 
 

【株式投資】銘柄の選び方

どの株を買うのか決めるために使うのが
ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析です。
 
 
 
ファンダメンタルズ分析は
財務状況や業績をもとにして
企業の本質的な価値を分析する方法です。
会社の価値に対して株価が割安か
今後の成長が見込めるかを分析して株を買います。
 
 
 
テクニカル分析は
これまでの株価の変動のパターンなどと比べて
現在の株価が割安か割高かを判断します。
これまでの経験則から、株を買うべきか
どうか判断する方法です。
 
 
 
ふたつの分析手法のどちらに重点を置くかは
投資家によって違います。短期での株取引を
行うデイトレーダーはテクニカル分析を
重視しますが、長期投資なら
ファンダメンタルズ分析を重視します。
 
 
 
ここでは最低限知っておきたい
ファンダメンタルズ分析の基礎知識
わかりやすく説明し
財務諸表の見方なども解説します。
 
 
 
 

ファンダメンタルズ分析とは?

「企業価値に対して株価が割安な企業や
事業の成長が見込まれる企業は将来的に
株価が企業価値に見合う価格まで上昇する」
というのが、ファンダメンタルズ分析の
基本的な考え方です。
 
 
 
この考えに沿って会社分析をし
企業価値に見合うだけの株価に
なっていない銘柄を探し、投資します。
企業価値が高くても、株価が適正な価格まで
上昇している場合には、投資はしません。
「企業価値に対して株価が割安か」
「今後の成長が見込めるか」
という部分を重視します。
 
 
 
では、企業価値とはそもそも何でしょうか。
革新的なビジネスモデルなど
いろんな側面がありますが
代表的なものとしては
安定性、成長性、収益性が挙げられます。
 
 
 
ファンダメンタルズ分析では
これらの要素をいろんな指標を使いながら
分析していきます。分析といっても
決して難しくはありません。
代表的な指標をいくつか覚えてしまえば
簡単に使うことができます。
 
 
 
 

貸借対照表とは?

「貸借対照表」とは
企業が経営活動における財務上の結果を
報告する財務諸表のひとつです。
 
 
 
その企業が
「どのような財産をどれだけ持っているか」
「借金がどれくらいあるか」などを
見ることができます。個人でいえば
現金・預金や不動産が「財産」
住宅ローンなどが「借金」にあたります。
 
 
 
企業の安定性・安全性を見ることが
できる貸借対照表は、株式投資においても
優良銘柄を判断するために欠かせません。
 
 
 
人間で言うならば
健康状態のようなものです。
いくら成長性や収益性があっても
企業の健康状態が悪ければ株価が下落
最悪の場合倒産の恐れもあります。
そうならないためにも、まずはその企業が
健康かどうか調べる必要があります。
 
 
貸借対照表の例です。
貸借対照表は大きく3つに
わけることができます。
 
 
 
左側に「資産の部」
右側に「負債の部」と「純資産の部」
が記載されます。資産は負債と資本で
まかなっているので
 
「資産=負債+資本」が
成り立たなければなりません。
 
つまり、貸借対照表は右側と左側の
それぞれの合計金額が必ず一致するように
なっています。そして負債と資本を
合わせたものが「総資本」です。
 
 
 
では、3つについて細かく解説します。
 
 
 

資産

資産とは会社が持っている財産です。
例えば、現金、土地、工場などの建物
設備、特許権、社用車などが該当します。
 
 
 
この資産もさらに3つに分類することができます。
 
・流動資産
・固定資産
・繰延資産
 
 

流動資産

流動資産とは流動性のある資産です。
例えば、現金、有価証券(株式、債券など)
自社の製品在庫などです。家計で言えば
預金、保有している株式や投資信託などです。
 

固定資産

固定資産はその名の通りで固定された資産です。
例えば、土地、建物、設備などです。家計で言えば
マイホーム、土地、自家用車などです。
 

繰延資産

これは普段聞く機会がないかと思います。
繰延資産とは、本来は費用として計上するものを
繰り延べるものです。例えば、開業費、
研究開発費、社債発行費などです。資産ではなく
実質費用と認識される方がいいかもしれません。
 
 
 

負債

負債とは会社の借金です。
この負債も2つにわけることができます。
 
・流動負債
・固定負債
 

流動負債

基本的な考え方は資産と同じです。
「流動」ですので、流動性のある負債のことです。
例えば、銀行などからの借入金、未払金などが
該当します。家計で言えば、自動車ローン、
クレジットカードの支払いなどです。
 

固定負債

例えば、社債、長期借入金、
退職給付引当金などが該当します。家計で言えば
住宅ローン、奨学金の返済などです。
 
 
 
 
流動負債か、固定負債かを区別する
最も簡単な方法は、支払い期限が
1年以内かどうかです。支払い期限が
1年以下であれば流動負債、
1年以上であれば固定負債です。
 
 
 
 

純資産

最後に純資産です。
純資産は企業自身が持っているお金です。
負債と違い、返す必要はありません。
この純資産がマイナスの場合は
いわゆる債務超過の状態のため
倒産の可能性があると見ることができます。
家計で言えば、株式などで得た利益を
積み上げたものです。
 
 
 

抑えておくべき貸借対照表の5つのポイント

貸借対照表は3つにわけることが
できることをお伝えしました。
 
 
 
その中でも株式投資をする上で
貸借対照表のポイントは以下の5つです。
 
・自己資本比率
・流動比率
・当座比率
・固定比率
・固定長期適合率
 
 
ポイント 読み取れる内容 理想の数値
自己資本比率 安定性 40%以上
流動比率 短期的な安全性 150%以上
当座比率 短期的な安全性 100%以上
固定比率 長期的な安全性 100%以下
固定長期適合率 長期的な安全性 100%以下
 

自己資本比率

自己資本比率とは、全ての資産の中で
返済する必要のない資産がどれくらいの
比率であるのかを表したものです。
つまり、自己資本比率が高い会社は
財務の健全性が高いということになります。
 
 
 
一般的には自己資本比率が
40%以上なら倒産しにくい優良企業、
70%以上なら理想企業です。
 
 
 
これは家計でも同じことが言えると思います。
例えば、現金も含め、マイホーム、自動車などの
資産を持っているが、資産全体の9割がローンで
あった場合どうでしょうか。
 
 
 
このような家計だと少し不安を感じるのが
正直なところではないでしょうか。
この場合、会社と家計を比べるのは
正しくないかもしれませんが、どちらの場合でも
ローンや借入が少ない方が、倒産や破産の
リスクは少ないです。
 
 
計算方法
自己資本比率=資本÷総資本×100
 
 
 

流動比率

流動比率は会社の支払い能力を計る指標です。
自己資本比率だけを見てしまうと
借入が多い企業は全て倒産の危機と
判断せざるを得ません。そうであれば
ベンチャー企業など創業間もない企業は
全て倒産の危機ということになってしまいます。
 
 
 
そこで確認したい指標が、流動比率です。
簡単に言えば返済期限が迫っている借金に対して
すぐに用意できる現金の割合を示したものです。
この比率が高いほど返済能力も高いと判断できます。
一般的には140%以上が目安と言われています。
 
 
計算方法
流動比率=流動資産÷流動負債×100
 
 
 

当座比率

流動資比率では流動資産全てを含めた指標です。
流動資産は商品在庫なども含みますので
仮にその商品が売れずに残った場合も
考える必要があります。
 
 
 
そこで確認するのが、当座比率です。
当座比率は特に現金化しやすい資産
(現金や有価証券など)で計算したものです。
一般的には100%以上がのぞましいと
言われていますが、ひとつ注意しなければ
ならないことが、流動比率は高いのにも関わらず
当座比率が極端に低い場合です。
 
 
 
この場合考えられることとして
過剰在庫や長期間在庫を
抱えているなどが疑われます。
例えば、流動比率が250%と高く
当座比率が100%の場合は差し引き150%分の
在庫を抱えていることになります。
このような場合は少し疑いの目を
向ける必要があります。
 
 
計算方法
当座比率=当座資産÷流動負債×100
 
 
 

固定比率

固定比率は自己資本のうちの
固定資産の割合を示す指標です。
工場などは、生産に必要な設備が
いくつもあります。何日、何年とかけて
製造して収益に貢献するため、設備投資額を
すぐに回収することは難しいです。
 
 
 
このようなことから、固定資産は
極力返済の義務がない自己資本から
賄うことが安全とみなすことができます。
 
 
 
例えば、1億円の設備を導入し
1年で500万円しか収益に
貢献できなければ、設備投資額を
回収するのに20年もかかってしまいます。
 
 
 
一般的には固定比率は100%以下が
妥当な水準とされています。
つまり自己資本以内での固定資産で
営業しているということです。
 
 
計算方法
固定比率=固定資産÷資本×100
 
 
 

固定長期適合率

固定比率は100%以内であれば
自己資本内での賄えていることになります。
 
 
 
しかし固定資産を自己資本と長期借入金などの
固定負債を合わせても賄えない場合は
固定資産をすぐに返済しなければならない
流動負債で賄うことになります。
 
 
 
家計で言えば、マイホームを購入したものの
購入価格が高いためギリギリの生活を強いられ
カードのリボ払いなどで何とか食つなぐ生活を
してる状態です。とても危険な状態です。
 
 
 
このような状態を判断できる指標が
固定長期適合率です。一般的には
固定長期適合率が100%以上で危険と言われます。
 
 
計算方法
固定長期適合率=固定資産÷(資本+固定負債)×100
 
 
 
 

貸借対照表と損益計算書の違い

ファンダメンタルズ分析を行う上で
確認するツールとして貸借対照表と
損益計算書というものがあります。
この2つの違いは何でしょうか。
 
 
 
簡単に言えば、貸借対照表は会社の健康状態
損益計算書は会社の将来性を見るものです。
どちらか一方ではなく、どちらも見ることが必要で
まずは貸借対照表を確認すべきだと思います。
 
 
 

まとめ

いくら将来性や収益性があったとしても
健康状態が悪ければ長続きはしません。
せっかく購入した株が1年後に倒産の危機…。
決して珍しいことではありません。
 
 
 
東証一部上場企業でもこのようなことが
起こっています。将来性も大切ですが
まずは今の健康状態をチェックすることです。
 
 
 
自分の大切な資産を守り
大きくしていくためにも
地味ですが、確実に行って頂くことを
お勧めします。
 
 
 
僕のLINE@では投資やビジネスの
コンサルティングをやっています。
何か投資やビジネスついて分からないことや
友人や家族にはあまり相談したくないことでも
何でもいいので対応します。
 
 
 
是非、登録してみて下さい!
 
 
↑↑↑↑↑こちら↑↑↑↑↑
もしくは @zgn3627g
でLINEで検索してみて下さい!!
(@を忘れずに!!)
 
 
それでは最後までお読み頂き
ありがとうございました。