【金持ち思考】国が用意してくれている波に乗って「貯金奴隷」を卒業せよ!




こんにちわ!

ゆうきです!

 

 

今、日本は超低金利で不景気です。

しかし、なぜこのようになって

しまったのでしょうか?

 

 

それは1990年以降のバブル崩壊の時は

中小の企業の倒産が相次ぎ、

貸し付けたお金を回収できずに

不良債権を抱えた銀行は危機的状況でした。

 

 

実際、日本長期信用銀行や山一証券など

大手金融機関も破綻しているのです。

こうした金融危機により経済活動は低迷し

その解決策として政府は

「ゼロ金利政策」を取りました。

金利を低くして企業などが融資を受けやすくし

銀行を立ち直らせようとしたのです。

その結果、デフレと呼ばれる状況が続く

一因となったと言われています。

 

 

 

そこで、これからの日本という

国の政策の波に乗っかって

プアマインドの波から

リッチマインドの波に乗り換え

「お金」を「資産」へと変えていきましょう!

 

 

政府のメッセージを読み取る

 

政府は今後、2%のインフレを進める

という方針を明確に打ち出しています。

 

 

計算すると、年2%でインフレが進むと

35年間でお金の価値は半分になってしまいます。

子どものためにと、銀行に1000万円貯めていても

子どもに引き継ぐ頃には500万円の価値に

なってしまうということです。

 

 

そのことをもう、政府は何も隠していません。

むしろ政府は国民に「お金を使ってください」

と呼びかけています。

 

 

お金を使うというのは、お金を抱え込まないで

投資に回してくださいということです。

 

 

民間企業にも設備投資をするように促してますし

個人にも投資するように促し続けています。

しかし、投資する方法までは教えてくれません。

 

 

投資するマインドセットも、その仕組みも

学校の義務教育どころか社会人になっても

教えてくれません。

 

 

「投資をしなさい」とは言うが、

その術(すべ)を教えようとしない。

なぜだと思いますか? 答えは簡単です。

 

 

その術を持っている人がほとんどいないからです。

 

 

学校の先生も公務員、官僚も公務員、

親も大抵はサラリーマン、

もちろんサラリーマンの上司もサラリーマンです。

教える立場の人自身が自分の人生を

紙切れと交換しているのです。

 

 

実のところ、お金の本当の仕組みを知っていて

実践している人は、世界中でごく一部の人たち

でしかありません。だから、投資をする術を

知っている人がなかなか増えないのが現状なのです。

 

 

 

一方で、政府が国民に投資を促している例が

「NISA(少額投資非課税制度)」の整備です。

投資金額の年間の上限はあるものの

本来なら20%強の税率で課税される分配金や

配当金を非課税にするという制度。

 

 

乗らない手はないですよね。

さらに「確定拠出年金」や

「小規模企業共済」もある。

 

 

少し調べればいろいろな

投資への呼び水が用意されています。

 

 

政府は

「色々用意するから、こっちに乗ってね」と

2013年ごろから言っています。

「インフレにしますよ! お金を持っていても

 価値は下がるだけですよ!

 お金使って(投資して)くださいね!

 現金を持っている人からは税金取りますよ!」

と言っているんですね。

 

 

自分の人生の時間を紙幣と交換してから

確実に価値が減少していく紙幣のまま貯め込むか?

それとも紙幣を動かして、政府が用意している

波に乗って資産を作っていくか。

どっちが得かは目に見えています。

 
 

「紙幣」を「資産」に代える

 

 

ここまで読んできたあなたも、

「ここは投資に動いたほうがよさそうだぞ」

と頭ではわかったのに、どうしても動けない

という気持ちでいるかもしれません。

 

 

ここで動くのはリッチマインドの人たちです。

持っている紙幣を「資産」という

別のモノに代えていくのです。

 

 

あなたは、年収3000万円に憧れますか?

 

 

この質問で本当に聞きたいのは、

自由な時間と引き換えに「収入」がいいですか?

自由な時間を作れる「資産」がいいですか?

ということ。

 

 

賢い投資家はさらに税優遇されている

資産に投資します。そこで利益を得ても、

やり方次第で税金は少なくてすみます。

政府は、投資家に投資してもらいたいものを

税優遇にして、その情報を流しています。

投資家はそういう情報を入手し

それを利用するのです。

 

 

経営者はモノを売ったり問題解決をしたりして

ゼロからお金を作る。投資家は、今あるお金に

働いてもらってお金を増やす。

 

 

お金持ちになるには、

このどちらかしかありません。

 

 

紙幣をずっと抱え込んでいるお金持ちを

だれひとり知りません。

 

 

強い言い方かもしれませんが

紙幣をそのままにしている人は、奴隷。

 

 

紙幣を、別の「資産」に代える人は、

その奴隷を飼っている「主」。

 

 

とてもシンプルです。

あなたは、どっちになりたいですか?

 

 

ただし、ここでまた残念なお知らせです。

この真実をすでに知っていた人も

この瞬間に知った人であったとしても

今までのあなたの行動を変えるのは不可能です。

 

 

残念ながら「知っている」だけでは

行動は変わらないばかりか、今まで以上に

その行動パターンは定着していくでしょう。

そして、あなたは奴隷のままです。

 

 

今が「波」に乗るチャンス

 

なぜ政府が国民に数々の制度まで用意して

「お金を使ってください」と促しているか?

 

 

日本は、政府にお金がないのでこれからも

ずっとお金を刷らなくてはなりません。

そこで、毎年2%のインフレを進めることを

決定しました。しかし、インフレで食費とか

エネルギー費とか、そういう物価が上がると

「実際には物価が上がっているのではなく

紙幣の価値が下がっている」

苦しむのは所得が低い庶民や銀行預金の形で

貯め込んでいる人たち、年金暮らしの高齢者

そして未来の世代です。

 

 

インフレ以上に稼がなければ

やがて暮らせなくなります。

毎年2%のインフレを進めると、

そうした人たちの最低限の暮らしの維持が

難しくなってしまいます。

 

 

しかしこのインフレの実情を知っていて

どう行動すればよいかわかっている人と

それがわかっていない人の金融リテラシー

「お金に関して理解し、適切な決定と

行動ができるようになるためのスキルと知識」

の差が、そのまま所得の格差になり

それが広がり過ぎているのです。

 

 

本来、政府は「確定拠出年金」や

「つみたてNISA」などの制度を用意するだけでなく、

金融リテラシーとセットで教えないと、

わかっていない人は誰も動きません。

 

 

なので、

ここまで読んでくれているあなたは

動くなら、本当に今です。

 

 

お金を貯め込んだ「奴隷状態」から

国が用意してくれている波に乗って

「お金」を投資に回し、「資産」へと変えていく。

 

 

プアマインドの波からリッチマインドの波に

乗り換えるのは、今が大チャンスなのです。

 

 

なのでこれから一緒に変わって行ける人が

増えたらと思ってLINE@で

ブログ更新の更新通知や

投資やビジネスのコンサルも

やっています。

 

 

是非、登録してみて下さい。

何か1つでもあなたのプラスに

変える自信があります。

 

 

↑↑↑↑↑こちら↑↑↑

もしくは @zgn3627g

でLINEで検索してみて下さい!!

(@を忘れずに!!)

 

 

それでは最後までお読み頂き

ありがとうございました。