【超必読】休眠口座とは?放置してると国に預金を没収されます




こんにちは!ゆうきです!

 

 

2018年(平成30年)1月1日に

預金者保護や一元管理を目的として

「休眠預金等活用法」が施行されました。

 

 

その結果、最終異動日が2009年

(平成21年)1月1日以降で

最後の異動日から10年間経過している場合には

休眠口座とみなされ、預金保険機構に管理が

移行されるべきものになりました。

 

 

長い間使っていない預金通帳は

誰でも1つや2つは持っているでしょう。

また、生前に両親が使っていた通帳なども

多く残っている場合があるでしょう。

 

 

どこにどういうものを持っているか

ということを調べるのは

とてつもなく大変で難しいことです。

だからといって、もう預金を引き出せない

というわけではありません。

 

 

休眠口座とは何か?

休眠口座とみなされたらもう解除できないの?

など分からないことが多いと思います。

 

 

そこで今回は休眠口座について解説していきます。

 

 

休眠口座とは?

 

休眠口座とは

金融機関に預金として預けたまま

長い間その口座への入出金などが

行われなくなり、預金者への連絡が

取れなくなった預金口座のことを言います。

休眠預金や睡眠預金と言う場合もあります。

 

 

2018年(平成30年)1月1日に

預金者保護や一元管理を目的として

「休眠預金等活用法」が施行されました。

その結果、最終異動日が2009年

(平成21年)1月1日以降で最後の異動日から

10年間経過している場合には

休眠口座とみなされ、預金保険機構に管理が

移行されるべきものなりました。

 

 

そのため2019年1月から

休眠口座が預金保険機構に管理が移行される

場合が出てくるようになります。

 

 

休眠口座は預金を国に没収されてしまう

 

自分の銀行口座、郵便貯金口座、

本人の場合はその内容を把握していることが

多いのですが、自分の親がどこの銀行に

どんな口座を持っているか

ほとんどの方が知りません。

 

 

いまは預金口座を作るのがうるさいので

それほどありませんが、大正生まれ

昭和20年くらいまでに生まれた人は

昔は簡単に作れたので、預金口座だけで

何十も持っている人が多いのです。

それらの口座を放っておくと

権利がなくなる可能性があります。

取引のないまま、銀行口座を10年放置すると

休眠口座となり、国に没収されてしまいます。

 

 

休眠預金を生むシチュエーションとして

以下のようなケースが考えられます。

 

・子供の頃に親が作ってくれた口座

・学生時代に使っていた口座

・振込先として作らされていた口座

・上京前や結婚前に使っていた口座

・亡くなってしまった方の口座

 

「預金者が名乗りを上げないまま」

となっている休眠口座の預金は

払い戻し額を差し引いても

毎年約700億円にもなるといわれています。

(平成26〜28年度 金融庁資料による)

 

 

対象になるもの

普通銀行

(ゆうちょ銀行、日本政策投資銀行を含む)

  • 外国銀行支店
  • 長期信用銀行
  • 農林中央金庫
  • 信用協同組合(信用組合)
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • 農業協同組合
  • 漁業協同組合
  • 水産加工業協同組合

 

 

休眠口座にならない場合

 

引出し、預入れ、振込入金、口座振替

(金融機関による利子支払いを除く)

通帳や証書の発行、記帳または繰越、

残高照会などをおこなった口座は

それ以後10年間は休眠口座にはなりません。

 

 

それに、残高が1万円以上の口座の場合

休眠預金扱いとなる前に

「休眠預金になりそうな口座があります」

という旨の通知状が預金者本人に郵送されます。

 

 

休眠口座の復活と解約方法

 

口座を復活させる場合は

通帳やキャッシュカードがない状態であれば

再発行してもらう必要があります。

再発行の手数料は各1,080円くらいです。

しかし、休眠口座になったものは

解約して返金を受けた方が無料なので良いです。

 

 

解約のために必要な書類は次のようなものです。

・住民票

 (運転免許証の裏面に前住所が

  書かれている場合は必要なし)

・戸籍謄本

 (結婚などによって苗字が

  変わっていた場合に必要)

・運転免許証

・印鑑証明書

 (印鑑がなく、苗字の確認が

  取れない場合に必要)

 

 

休眠口座の預金をそのまま現金で引き出すか

別の口座に預金を移動します。

 

同じ銀行にすでに別口座があれば

そのまま預金を振替えます。

もし口座がなければ、新しい口座を作り

そこに振替えます。

この方法ならお金はかかりません。

 

 

休眠口座が預金保険機構に移管された場合

 

預金を預けた金融機関の

口座解約に準じる扱いになり

預金は預金保険機構に移管されます。

しかし、この移管により預金者の権利が

消滅することはなく、また、移管後の

払戻については原則として無期限です。

 

 

なお、機構への移管後も

払戻しの窓口は元の金融機関となります。

払戻しの手続きも、口座解約の手続きに準じます。

移管後は、口座解約に準じる扱いとなるので

機構移管分の預金等に重ねて入金・振込・振替や

一部引出しなどの扱いはできません。

 

 

ゆうちょ銀行については、特に注意が必要です。

平成19年9月30日以前に預けた

定額郵便貯金、定期郵便貯金、積立郵便貯金は

満期後20年2カ月を経過して払い戻し請求等が

ない場合は消滅しますので要注意です。

 

 

2年以上入出金がない口座を

「未利用(未使用)口座」とみなし

SMBC信託銀行では、月額2,000円を

口座維持手数料として支払う必要があります。

りそな銀行やローソン銀行などは

毎年1,296円を「口座管理手数料」として

徴収しています。

 

 

このような口座は、口座の残金で

手数料が払いきれなくなった時点で

自動的に解約消滅します。

今は口座の維持に手数料のかからない銀行が

ほとんどですが昨年12月には

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の

3メガバンクが、口座維持手数料導入の検討を

始めたと報道されました。

 

 

いづれ、すべての銀行ではこのような

口座維持手数料導入が始まるものと思われます。

 

 

まとめ

 

今回、休眠口座について書きましたが

「もう残高は全然入ってないだろうし・・」

「解約行くの面倒だな」

「っていうかまだ使えるのかな?」など

めんどくさい気持ちがあると思います。

 

 

お金は増やすことも大切ですが

無駄に「減らさない」ことも節約につながります。

 

 

管理していくことが「お金持ち」になる

最初の一歩なのかもしれません。

 

 

僕のLINE@では投資やビジネスの

コンサルをやっています。

何か投資について分からないことや

友人や家族にはあまり相談したくないことでも

何でもいいので対応します。

 

 

是非、登録してみて下さい!

 

 

↑↑↑↑↑こちら↑↑↑↑↑

もしくは @zgn3627g

でLINEで検索してみて下さい!!

(@を忘れずに!!)

 

 

それでは最後までお読み頂き

ありがとうございました。