【FX業者】国内と海外はどっちが儲かる?重要10項目で徹底比較




こんにちは!ゆうきです!
 
 
 
FXを始めたいけど海外FXと
国内FXどっちが良いんだろう?
 
 
 
これからFXを始める人、国内FXから
海外FXに乗り換えを検討している人は
「海外FXと国内FXどっちが良いの?」
1度は考えると思います。
 
 
 
ちなみに僕は海外FXのXMというFX業者を
利用しています。
 
 
 
FX業者はあなたがFXを続けていく限り
ずっと付き合っていくものですから、
どちらを選べば良いかわからない人は
それぞれの特徴を比較し納得して選ぶべきです。
 
 
 
そこで今回は、
海外FXと国内FXのメリット、デメリット
それぞれの特徴を比較し、結局どちらのほうが
儲かるのか検証していきたいと思います。
 
 
 

国内FXと海外FXはどっちが儲かる?

 
結論から言うと
海外FX業者でトレードする方が
デメリットよりもメリットの方が
はるかに多いです
 
 
 
確実に魅力的な環境が国内FXよりも
整えられていて、今まで国内FXを
やっていた方も十分に検討する余地は
あると思います。
 
 
 
簡単に要約すると、
 
ハイレバレッジ×豪華なボーナスで
 少額投資でも大胆な取引ができる
 
追証なし「ゼロカットシステム」が
 あるから借金の心配がない
 
NDD方式×MT4で高約定力の
 クリーンな取引ができる
 
信託保全ありの優良業者もある
 
 
 
レバレッジ 海外FX > 国内FX
ボーナス 海外FX > 国内FX
追証(追加証拠金) 海外FX > 国内FX
信託保全 海外FX < 国内FX
スプレッド 海外FX < 国内FX
取引方式 海外FX > 国内FX
約定力 海外FX > 国内FX
取引プラットフォーム 海外FX > 国内FX
口座開設までの手間 海外FX > 国内FX
税金 海外FX  ≒  国内FX
 
まずは海外FXと国内FXの違いを
FX業者選びで欠かせない10個の項目に
まとめてみました。
 
 
 
それぞれ詳しく比較・考察していきます。
 
 
 

最大○○○倍のハイレバレッジ

海外FXの最大の魅力は
ハイレバレッジ取引ができることです。
 
 
 
日本国内の最大レバレッジは25倍と
金融庁で定められているのに対し
海外FX業者には最大レバレッジの規制は
ありません。よって最大レバレッジ400倍〜
1000倍~2000倍のレバレッジをかけて
取引することができる海外FXも存在します。
 
 
 
例えば、最大1000倍までレバレッジが
かけられると、資金5万円でも最大5000万円分の
取引ができるということです。
 
 
 
金融庁のレバレッジの制限によって
国内FXでは少ない投資で大きな利益を
上げることが難しくなりました。
なので海外FXが人気を集めているのです。
 
 
 
少ない資金でガッツリとポジションを
持つことができるのは、なによりも大きい
海外FXを利用するメリットと言えるでしょう。
 
 
 

豪華入金ボーナス

総じて国内FXよりも
海外FXのほうがボーナスは豪華です。
 
 
 
海外FXでもっとも主流なのが入金ボーナスで
自分が入金した金額の○%を取引に使える
ボーナスとして受け取ることができます。
 
 
 
例えば海外FXで1番ボーナスが豪華だと
言われるXMでは、入金額の100%入金ボーナスと
その後も最大5,000ドル(約50万)に達するまで
入金額の20%がボーナスを提供しています。
 
 
 
仮にXMで500ドル(約5万)を入金した場合
100%入金ボーナスで5万分受け取れるので
実際に取引で使える金額は10万円分です。
自分で用意した資金が2倍になったのと同じです。
もちろん証拠金はあればあるほど
ハイレバレッジで有利かつ大胆なトレードを
楽しむことができます。
 
 
 
また新規口座開設ボーナスという
ただ口座を開設するだけで受け取れる
ボーナスがあります。
 
 
 
入金する必要は一切なく
そのボーナスを利用してデモ口座ではなく
リアル口座で取引することが可能です。
 
 
 
ボーナス自体は出金できませんが
そのボーナスを使って利益を出せば
利益分を出金することもできるので
FXが本当に初心者だったり、まずは海外FXが
どんなものなのか確かめたい方は
新規口座開設ボーナスありの業者を
選ぶのがオススメです。
 
 
 

ゼロカットシステムで借金する心配なし!

 
相場が突然に大変動を起こし、
ロスカット(ポジション強制決済)が
間に合わないことがあります。
 
 
 
預け入れていた証拠金が
すべて消し飛ぶだけでなく
口座残高がマイナスになってしまう
ことも珍しくありません。
 
 
 
そうなると追証(おいしょう)となり
投資資金以上の金額をFX業者から
請求されます。
 
「そんなの払えるわけないだろ!
 俺は無視するぞ!」というのはできません。
 
法律で支払わなければならないことが
義務付けられており、支払わない場合は
給料や財産が差し押さえられます。
 
 
しかしこれは国内FXの話です。
 
 
海外FXでは追証をなしにしてくれる
「ゼロカットシステム」が採用されています。
 
 
 
マイナスになった口座残高をゼロに
戻してくれるので、投資資金以上の
追証を支払う必要はありません。
 
 
 
ハイレバレッジで取引できる分
大損失のリスクも高くなるでしょうが
「ゼロカットシステム」のおかげで
追証がないので、安心して大胆な
トレードに挑戦しやすくなっています。
 
 
 
相場が大きく動く有事のときの安心感は
確実に海外FXのほうが上だと言えます。
 
 
 

信託保全

この項目においては国内FXの方が
信頼性が高いと思います。なぜなら国内FXでは
信託保全が完全に義務化されています。
 
 
 
信託保全とは、万が一使ってるFX業者が
倒産してしまった場合、預けていた資金は
戻ってくることです。そのため国内FXは
金融庁のお墨付きで顧客資産の安全性は
100点満点です

 
 
しかし海外FXでは
信託保全が義務化されていません
なので海外FX業者は顧客資産の安全性では
国内FXに劣っていると言えます。
 
 
 
でも日本と同じように
信託保全のある一部の
海外FX業者もあります。
 
 
 
僕の使っているXMも信託保全があります。
XMは資産の安全性は国内FXと同程度です。
 
 
 

スプレッド

 
スプレッドに関しては国内FXのほうが優秀です
海外FXも狭いスプレッドを提供する業者が
増えましたが、まだ国内FXの水準には
届かないというのが現状です。
 
 
 
日本人トレーダーはスプレッドを最重要視する
ということで「国内FXのほうが良くね?」と
思ってしまいそうですが、実はそれには、
国内業者がスプレッドを狭くできる理由として
取引方式が大きく関わっています
 
 
 

海外FXの方が信頼できる取引方式

 
国内FXと海外FXでは根本的に
注文の決済方法が違います。
 
 
 
国内FX業者の多くは
DD(ディーリングデスク)方式
海外FX業者はNDD(ノーディーリング)方式
と呼ばれる取引システムを採用しています。
 
 
・NDD方式:投資家とインターバンクの間に
      ディーラーが存在しない
 
・DD(OTC)方式:投資家とインターバンクの間に
        ディーラーが存在する
 
 
この2つを比較した場合、トレーダー側からすると
明らかにNDD方式の海外FXのほうが良いです。
 
 
 
ようするにDD方式の場合は
「この注文は通す」「この注文は通さない」と
FX業者の人が判断するわけです。
 
 
 
注文を通すも通さないもFX会社の中の
ディーラーの裁量が入るので、実際に
自分の注文が通っているのかどうかは
ブラックボックスの中です。
 
 
 
DD方式のFX会社による
「ストップ狩り」や「レートずらし」などの
投資家に不利な決済が良く起こっています。
 
 
 
それに比べてNDD方式は
FX会社のディーラーは間に入ることなく
直接、自動的にインターバンクに注文が流れます。
 
 
 
NDD方式は、FX会社の思惑が一切入らないため
非常にクリーンな決済方式と言えます。
 
 
 
簡単に言うと、
 
国内FX業者はDD方式で
投資家が損すれば業者は儲かり
投資家が勝てば業者は損する。
 
海外FX業者はNDD方式で
取引手数料で儲けているので
投資家がトレードすればするほど
儲かるので、大損して投資家にFX業界から
退場して欲しくない。なので海外FX業者は
投資家とwin-winの関係なのです。
 
 
 

約定力

 
約定力に関しては、上記で解説した
取引方式の違いから海外FXのほうが優秀です。
NDD方式ではディーラーの介入が入らないので
スムーズに注文がインターバンクへと流れます。
 
 
 
一方国内FXのDD方式ではディーラーが
介入することがあるので、スムーズに
約定するとは限らないこともあります。
 
 
 

取引プラットフォーム

注文方式と同様で海外FXと国内FXでは
取引プラットフォームも違います。
海外FXではMT4(MetaTrader4)
国内FXでは業者独自のプラットフォームを
利用しています。
 
 
 
海外FX業者のほとんどは共通して
MT4という世界で一番利用されている
最先端のプラットフォームを導入しています。
MT4さえ使いこなせれば、どこの業者でも
同じ感覚ですぐ取引できるということです。
 
 
 
取引スタイルに合わせて
簡単に業者を使い分けることができます。
いちいち業者を変えるたびに頭を抱えながら
使い方を勉強する必要はありません。
 
 
 
EAと呼ばれる自動売買も設定でき
ワンクリック決済も可能です。
 
 
別の記事で自動売買について書いています。
 
 
 

口座開設がラクチン

口座開設の手間については
あまり差はありませんが
本人確認のための郵送が無い
海外FX口座の方が少し楽です。
 
 
自宅に郵送物が届かないので
家族に内緒で始めたい人にも
海外FXはオススメです。
 
 
 

国内FXと海外FXで払う税金が違う

税金はFXで稼ぐ金額によって
どちらがお得になるか変わります!
 
 
 
海外FXと国内FXでは適用される税制が異なります。
なので一概に「こっちのほうがお得!」と
言い切ることはできません。
 
 
  海外FX 国内FX
税制 累進課税 申告分離課税
税率 稼いだ金額で税率が変化(15%~50%) 一律20%
損益通算 不可 可能
 
海外FXでは稼げば稼ぐほど
納める税金も高くなっていく仕組みです。
例えば利益が100万円なら税率は15%ですが
500万円だと30%まで跳ね上がります。
 
 
 
国内FXの場合はいくら稼ごうが税率は一律20%で
100万円稼いでも500万円稼いでも一緒です。
 
 
 
そのため、いくら稼ぐかによって
どちらの税金がお得なのか変わってきます。
 
 
 
目安としてだいたい
330万円でどちらがお得か切り替わる
覚えておきましょう。
 
・利益が330万円未満 ⇒ 海外FXのほうがお得
・利益が330万円以上 ⇒ 国内FXのほうがお得
 
とはいえ国内と海外どちらのFXを選んでも
税金を支払わなければならないので
税金の仕組みさえ理解していれば
問題ないと思います。
 
 
 

まとめ

10項目を具体的に比較してきましたが
やはり取引環境では海外FXが国内FXと比べて
高水準で整っていることがわかります。
 
 
 
ある程度まとまった資金で、少しづつ
小遣い稼ぎ程度でFXをやるなら
国内FXでも良いでしょう。
 
 
 
しかし「ハイレバレッジ取引ができる」
というだけで海外FXは利用価値があると
個人的には思います。
 
 
 
海外FXは少額の資金しかなくても十分に
FX取引の醍醐味を実感できると思います。
 
 
 
僕のLINE@では投資やビジネスの
コンサルティングをやっています。
何か投資やビジネスついて分からないことや
友人や家族にはあまり相談したくないことでも
何でもいいので対応します。
 
 
 
是非、登録してみて下さい!
 
 
↑↑↑↑↑こちら↑↑↑↑↑
もしくは @zgn3627g
でLINEで検索してみて下さい!!
(@を忘れずに!!)
 
 
それでは最後までお読み頂き
ありがとうございました。