【徹底比較】おすすめスマホ決済アプリ7選




どうも!ゆうきです!

 

 

これまでスマホは、デジタルカメラ、

音楽プレーヤー、カーナビ、ゲーム機など、

さまざまなモノの機能を吸収してきました。

それがさらに、「決済」という機能を吸収し、

誰にも欠かせない存在になろうと

しているかのようです。

 

 

最近はテレビなどでもスマホ決済アプリのCMや

キャンペーンを随時実施していて、まさに利用者を

各サービスが取り合う「スマホ決済戦国時代」と

なっています。しかし仕組み自体は別に新しいもの

ではありません。おそらく誰でも、

クレジットカードや電子マネー、SuicaやPasmoで

決済をした経験があるでしょう。これだって、

現金を使わない決済なのですから立派な

キャッシュレス決済の1つです。

 

 

ではなぜ今盛り上がっているのか。それは、

スマホを使ったキャッシュレス決済アプリが

たくさん出てきているからです。

 

 

しかし、たくさんある決済アプリから

「どれが自分にあったアプリか」

わからないと思います。

 

 

そこで今回は、ぜひ使いこなしたい決済アプリを

7つ紹介したいと思います。

 

 

おすすめキャッシュレス決済アプリ7選

 

スマホの決済アプリには、大きく分けて

非接触型決済QRコード決済の2種類があります。

 

非接触型決済

非接触型決済は、クレジットカードや電子マネー

などを登録したスマホを端末にかざすだけで

決済できるしくみです。

・Apple Pay・Google Pay・おサイフケータイ

 

QRコード決済

QRコード決済は、支払いのときにスマホに

表示させたQRコードを端末に読み取らせて

決済するしくみがメジャーです。店舗にある

QRコードをスマホで読み取ることで決済

するものもあります。

・LINE Pay・PayPay・Origami Pay・pring

・楽天ペイ・d払い

 

の2つのタイプがあります。

ではそれぞれ詳しく解説しましよう。

 

スマホで決まる!非接触型決済アプリ3選

 

非接触型決済アプリは、お使いのスマホによって

対応するものが異なるため、必然的にどれを使うか

が決まってきます。

 

①iPhoneを使っているなら・・【Apple Pay】

iPhone 7以降のiPhone、Apple Watch Series 2以降

のApple Watchを使っているならば、

Wallet(ウォレット)というアプリにApple Payの

機能が搭載されています。

 

このアプリにクレジットカードや電子マネーを

登録すれば、スマホ(時計)をかざすだけで

買い物をしたり、改札を通過したりできるように

なります。Apple Payのマークのあるところに加え

iD・QUICPay・Suicaの利用できる所で使えます。

 

②Android端末を使っているなら・・【Google Pay】

Google PayもApple Payと同様に、

クレジットカードや電子マネーを登録すればあとは

「かざすだけ」というアプリ。

電子マネーによる決済は、おサイフケータイに

対応している機種で利用可能です。

対応する電子マネーは

Suica・nanaco・楽天Edy・WAON・QUICPayと

Apple Payより幅広いのがうれしいところです。

ただし、iDには対応していません。

 

③Android端末なら・・【おサイフケータイ】

Google Payが利用できる端末ならば、

おサイフケータイの機能を使ってもいいと思います。

Suica・nanaco・WAON・楽天Edy・iD・QUICPay

など、主要な電子マネーはほぼ網羅しています。

ただし、おサイフケータイに利用されている

「Felica」(フェリカ)という技術はほぼ

日本独自のもの。海外では利用できません。

海外旅行に行く方はGoogle Payのほうが

便利でしょう。

 

 

利便性で選ぶ!QRコード決済アプリ4選

 

①仲間同士で使うなら・・【LINE Pay】

LINEにお金をチャージして支払いをしたり

割り勘・送金をしたりできるアプリ。LINEはもはや

インフラのひとつといってもいいくらいに

浸透していますから、使いはじめやすいでしょう。

欠点は、浅い付き合いだったり、仲が深まって

いなかったりするような、ほぼ他人の人も

友達登録しないといけない点です。

 

②手数料を節約したいなら・・【pring】

こちらもLINE Pay同様、QRコードを利用して

個人間でのお金のやり取りや支払いが可能です。

LINE Payは出金時(現金に戻すとき)、216円の

手数料がかかるのですが、pringは無料で可能。

手軽に現金化できます。

 

③お得な割引を受けたいなら・・【Origami Pay】

国内でQRコード決済サービスをいち早く

はじめたのがOrigami Payです。店舗ごとの割引が

充実しており、Origami Payで決済するだけで

数%安くなるお店もあります。加盟店も続々と

増えており、2019年には海外でも

使えるようになる見込みです。

 

④スマホ決済の定番となりうる・・【PayPay】

2018年10月5日にサービスを開始したPayPayが

支払い金額の20%または全額をボーナスとして

還元するとして話題になりました。

PayPayで決済すると、還元率は0.5%相当で上限が

月5,000円相当ポイントまでとなります。とはいえ

しかし5,000pt獲得するには月に100万円を支払う

必要があるので、そうそう上限いっぱいに

なることはないでしょう。

 

 

キャッシュレス時代の現状は?

日本はまだまだキャッシュレス決済後進国です。

経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」によると

日本のキャッシュレス決済比率(2015年)は

わずかに18.4%となっています。隣の韓国が89.1%

アメリカが45.0%であることと比べると

とても少ないといえるでしょう。日本はこれを

2025年に40%、将来的には80%まで引き上げよう

としています。訪日外国人旅行者が増加する中

2020年の東京オリンピック、さらには2025年の

大阪・関西万博に向けて、ストレスなく観光

してもらうためにも、キャッシュレス決済を浸透

させていきたい考えです。

 

 

キャッシュレス社会が浸透すると、消費ハードルを

下げたことによる消費拡大はもちろん、事務効率化

を通した事務コストのカット、時間の節約、

少子高齢化による人手不足の改善、紙の削減を

通じてエコロジカルな社会の実現など期待されます。

 

 

そのためにはまず国内への普及ということでしょう。

2019年には給与をスマホ決済アプリに振り込める

ようにする予定です。また10月の消費税増税後には

キャッシュレス決済でのポイント還元(最大5%)

が検討されています。さらに、キャッシュレス決済

を導入する中小事業者に対する税制優遇も

行われる見通しです。

 

 

お金の置き場所を考える時代に!

今までは、銀行にお金を置いておくのが

当たり前の時代でした。そもそも給与の振込先は

銀行ですし、いつでもATMで引き出せる環境

だから困ったことがある方は少ないでしょう。

でも、キャッシュレス化が進み、給与振込先が

銀行口座以外でもOKとなり、一方で預金金利が

超低金利のままでは銀行にお金を置いておく理由が

見当たりません。消費者自身が、どこにお金を

置くとメリットが大きいのかを考えて

行動するようになると考えられます。

 

 

たとえばAmazonチャージで入金すると

通常会員であれば0.5%〜2.0%の

Amazonポイントが付きます。9万円入金すると

2%つくので、1800ポイント

(1ポイント=1円なので1800円)が得られます。

これは入金するたびに得られるポイントであり

預金金利と比べてしまうと圧倒的な差です。

意外と知られていないお得技ですよね。

 

 

受け身ではなく、主体的に動くことが大切です。

行動しなければ何も得られません。

この機会にお金の置き場所はどこがいいか

考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

僕のLINE@でブログ更新の更新通知や

投資やビジネスのコンサルもやっています。

 

 

是非、登録してみて下さい!

 

 

↑↑↑↑↑こちら↑↑↑↑↑

もしくは @zgn3627g

でLINEで検索してみて下さい!!

(@を忘れずに!!)

 

 

それでは最後までお読み頂き

ありがとうございました。